ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

神話とか伝説の武器って、要するに軍隊のことじゃん?

こんばんは、ひなせです。


私は子供の頃からファンタジー大好きっ子で、マンガ、アニメ、映画、ゲーム、小説と、いろいろな物語に触れてきました。


それらの物語の中で、やはり目を引くのが「伝説の武器」です。

 

「ゲーム」の中だと能力が数値化されている事が多いので、強い弱いが分かりやすいのですが、
「神話」や「伝説」の中だと、イマイチどれくらいの強さなのか分からないものも多いです。

 

・敵対する者に恐怖を与える「ヘルゲの剣」
・持ち主に勝利をもたらす「ティルフィング」
・稲妻のように飛び、遠くに投げても帰ってくる「ミョルニルの鎚」
・一度折れた剣を鍛え直し、復活した「新生グラム」
・持ち主は非業の死を遂げる「テュールの剣」
・山を切り裂き、一振りで部隊を壊滅させる「ファーガスの剣」
・世界を焼き尽くす「レーヴァテイン」
・岩に刺さっていて抜けない「エクスカリバー」

などなど。

 

特殊能力? のような描かれ方をしているものが多いです。

これは何かを表しているんでしょうか?

大げさすぎる気もするし、創作にしては生々しい感じもする。

物語上の設定にも思えるし、本当にあった出来事を表しているようにも考えられる。


それで、ある時、ふと気付いたんです。

 

伝説の武器って、「軍隊」の事じゃないですか?

 

 

・物語は語り継がれてきた

 

f:id:hinasetan:20190825182349p:plain

古来より神話や歴史は、語り部や吟遊詩人と呼ばれる人達が、詩や歌という形で語り継いできました。


神話には過去に元となった物語があり、歴史にはいろいろな伝承が加わっていく。
時には二つの境界が曖昧になり、史実なのか空想なのかも分からなくなる。
リアルとファンタジーが融合する。

 

人から人へ、言葉を介して繋がっていく訳ですから、
分かりやすく、覚えやすく、面白い物語が生き残ります。

 

「紀元○○年、◇◇国の王が配下の軍△万名に命じて、■■国の●●の兵★万を打ち破った。これにより▲▲の争いは終結した。この戦により■■国の領地が・・・・・・」といったお話より、

 

「◆◆王の持つ剣は伝説の☆☆! 倒せる者などあろうか!」
的な話の方が、絶対に聞いていて面白いはずです。

 

最初の内は、
「◆◆王の剣は、いかなる敵の鎧も貫く!」
とか言って盛り上げていたところを、
「◆◆王の剣は光の剣! 目にした敵は恐怖に打ち震える!」
といった感じになって、

仕舞いには、
「◆◆王の剣は呪われた剣! 悲しき運命! 

 必勝が約束されるが、ああ、なんたる悲劇!
 鞘から抜かれる度に愛する者の血が流れる呪い! おお、神よ! 此度の戦では愛する娘の・・・・・・」
ってなりますよ。たぶん。絶対。

 


・伝説の武器を、軍隊だと思って見てみると・・・・・・

 

敵対する者に恐怖を与える「ヘルゲの剣」

 分かりやすいですね。強い軍隊なら相手は当然恐怖する。
 抑止力としての意味もありますよ、って事ですね。

 

一度折れた剣を鍛え直し、復活。「新生グラム」


 一度戦いに敗れたけど再起した、という事ですかね。
 普通の剣なら、わざわざ「折れたけど鍛え直したんだよ」なんて言う必要ありませんから。
 お話としては熱い展開ですね。錆びた剣を研ぎ直して、とか。

 

持ち主に勝利をもたらす「ティルフィング」


 当たり前と言えば当たり前ですよね。
 勝利する側が歴史を語っていくわけですから、
 勝った方が「強い武器を持っていた」という話になる。

 

持ち主は非業の死を遂げる「テュールの剣」


 よほど安定した平和な時代で無い限り、統治者が満足して死んでいく事は無いでしょう。
 軍隊を持つ身分の人なんですから。

 

山を切り裂き、一振りで部隊を壊滅させる「ファーガスの剣」

 軍隊の進行が不可能と思われていた山間地を進んだとか、敵が考えもしなかった、山側からの奇襲攻撃を行った、という話でしょうか。

 一振りで部隊を、という事は、剣を振りかざして「突撃ー!」って命令したって事でしょう。ある意味、一振りで敵を倒している。

 

所有者の命令が無くとも、自ら戦いに赴く「フレイの魔剣」


 待て待て待て。命令くらい待て。
 命令を待たずに動く軍隊ってヤベー奴らじゃねーか。
 それとも、ある程度の権限を与えられて、動ける人達って事?
 古い時代で、即時対応力のある軍隊、って意味ならかなり強力ですね。


威力を発揮するのは、持ち主が賢者の場合のみ。同じく「フレイの魔剣」


 そりゃーそーだろーよ。
 軍隊が力を発揮するのは、ちゃんとした指揮官がいるときです。
 よっぽど賢くて、人徳もある人の言う事しか聞かない、って意味ではないですよね。
 軍隊の方が上に立つ人を選ぶ、という意味だとクーデターとか下克上ですか。
 あれ、上の話と一緒に考えると、有り得る話!?

 

稲妻のように飛び、遠くに投げても帰ってくる「ミョルニルの鎚」


 素晴らしい! 機動力が高くて、命令に忠実。忠誠心も高いという意味ですね。
 昔の軍隊なんて、敵を倒すように命じたら、行ったっきり帰ってこない、
 もっとひどいのだと敵と一緒になって帰ってきた、なんて話もありますしね。


人間の血を見るまで鞘には戻らない「ダインスレイフ」(ダーインスレイヴとも)


 軍隊を動かした以上、何事もない、ということはほぼありえません。
 直接的な戦闘がなかったとしても、兵士による略奪などが起こります。
 戦争は終わらせる方が難しい、という意味も含んでいるでしょうか。

 

世界を焼き尽くす「レーヴァテイン」


 火は侵略を表しているでしょうから、多くの国を侵略する、あるいは多くの国を巻き込む争いになる、という話ですね。
 武器があるから争いになるのか、争いがあるから武器が必要なのか。
 最終戦争であるラグナロクで使用される「太陽よりもまぶしい輝きを放つ」とも言われる武器です。
 アレの事ではないですよね。
 

岩に刺さっていて抜けない「エクスカリバー」


 軍隊はあるけど、動かせる人がいない、後継者がいない、という状態があって、
 やっと跡取りが現われた、アーサー王だ、というお話ですね。
 それを「岩に刺さって抜けない剣」と詩的に表現した。抜群のセンスです。

 湖の妖精からもらい受けたのがエクスカリバーだ、という説もあります。
 

 

・日本にも当てはまるかな

 

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)
別名:草薙の剣

 

スサノオがヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治した時に、大蛇の体内から見つけた神剣。
おお、なんか戦争で強大な敵でも倒したのか! と思いきや、
八岐大蛇=川、という説があるんですね・・・・・・。

 

氾濫の多い川で、堤防の作成などの治水工事を行った=オロチを成敗した、ですね。
川で砂鉄を見つけて、鉄製品を作った事から、
「大蛇の体内から神剣を見つけた」になったとも言われてます。

 

また、ヤマトタケルが東征の途上の駿河国で、この神剣によって野火を払ったという言い伝えもあり、
その話から草薙剣(くさなぎのつるぎ)の別名もあります。

 

これ、上の例で言うと、開墾したとかって意味じゃ・・・・・・。

 

そうだとすると、日本の場合は軍隊がどう、という話より、
統治者が開拓を行った、と言ったほうが良いかも知れません。

 

まとめ


どうでしょう、伝説の武器=軍隊説!
強引ですし、日本には当てはまらないですかね。

こんな事を考えながら空想するのも楽しいものです。

 

いつかまた、ファンタジーに関連する話を書けたらと思います。