ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

休みの日はスイッチをONにしたくない症候群

こんばんは、日生 誕(ひなせ たん)です。

 

今日のテーマは、
休みの日はスイッチをONにしたくない症候群」(勝手に命名)についてです。

 

休日は、仕事日に行うような動作をしたくない、という話です。

 

結構、多くの人が思っていることなんじゃないかなーと思うのですが、どうでしょう。

 

f:id:hinasetan:20200904063210p:plain


・スイッチをONにする動作が嫌になる

 

仕事がある日、朝起きて行うルーティーン動作ってありますよね。


目覚まし時計に起こされて、シャワーを浴びて、髭を剃って、歯を磨いて、整髪料つけて、とか。
テレビをとりあえず点けて、ご飯を食べて、よし出社、みたいな。

 

こういった動作をしながら、スイッチをONにしていってる、という感覚があるんです。
仕事に向かう為に気合いを入れるといいますか、テンションを上げるというか。

 

それがですね、休日の場合はそれらの行動を極力したくないんです。
もう、前日から始まってますね。
まず、目覚まし時計をセットしたくない。

 

分かっているんですよ、規則正しい生活のためには、休日もいつもの時間に起きることが大切なのは。
でもねぇ、時計に起こされるというのもストレスだし、自然に目が覚めるまで寝ているって、ほんの少しの贅沢じゃないですか。
休日くらいいいでしょう? の精神です。

 

あと、男性特有といいますか、当たり前といいますが、休みの日に髭を剃りたくない。
別にお肌をケアするために休日はカミソリとかシェーバーを使わない、とかではないんです。
なんか面倒だし、髭を剃るとスイッチが入った感じになっちゃうといいますか。
もちろん、出かける用事があるときは剃りますよ。身だしなみだし。
ただ、休みの日に近所をうろつくくらいなら、髭くらい良いでしょ? という気持ちです。

 

あと、整髪料を付けるのもイヤ。
髪を固めるとなると仕事に行くみたいだし。ちょっと付けるくらいなら、付けなくていいでしょ?
良いじゃんテキトーにキャップでも被ってれば、って感じ。
コンタクトレンズも付けません。休日は眼鏡じゃ。

 

女性にもあるんでしょうか? 「休みの日はスイッチをONにしたくない症候群」(長ぇな)。
髪をセットしたくない、お化粧をしたくない、とか。

 


・休みの日は動きたくない。まさか、心の病の始まりとかじゃないよね?

これって、緩やかな自殺とかの始まりじゃないよね?
大丈夫? なんか不安になってきた。

 

まあ、ある程度、年を取って、友達との付き合いも少なくなったんで、休日にあれやろーこれやろーじゃ、なくなったというのも大きいと思います。
独り身だしね。

 

でもこのままだとズルズルいっちゃう気もする。


基本的な趣味がインドアなんで、意識しないと家に引きこもってしまう。
休みの日こそ計画とか立てて、動くようにしないとな、なんて思いました。

 


・ON OFFって大事ですよね

休みの日はスイッチをONにしたくない症候群」に負けるな!

 

・・・・・・。

・・・・・・やっぱり長いな。


省略して、「休日OFF症候群」。


いやいや、これだと「休日」自体にOFFという意味があるから、「OFFOFF症候群」になっちゃう。

 

それに、「オフ会」とか「シーズンオフ」とか「カロリーオフ」とか、どこから意味がきたのか分かりにくい。


あれ、そもそも「休みの日はスイッチをONに・・・」という言い回しも、
休みの日は電化製品のスイッチを入れたくない、という意味にも取られかねない。

 

・・・・・・。

 

・・・・・・・・・・・・。
休日に私はいったい何を考えてるんだ・・・・・・。


もう、寝よ。