ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

アルバイトの面接に、履歴書なんて必要ありません

こんばんは、日生 誕(ひなせ たん)です。

もう平成も終わろうとしている世の中で、履歴書は手書きにすべき、といった話がされているのが信じられません。
大丈夫か日本。
そもそも、履歴書の内容を紙に印刷する必要もなくて、データで十分でしょう。

 

私が働く職場では、何年も前からアルバイトの面接では履歴書不要にしています。
今ではバイトの応募に履歴書不要にしている求人も、かなり一般的になってきているようですね。

 

今回は、アルバイトの募集に限っての話です。しかし、やがては正社員の募集だとしても履歴書は必要なくなるのではないでしょうか。

 

f:id:hinasetan:20200904062950p:plain

 

・履歴書で差別をしたいの?

例えば、外国人労働者を雇う場合、手書きで履歴書を書かせる意味はなんでしょうか?
日本のアルバイト募集の常識を知っているかどうか判断する、といった所でしょうか。
それはどれだけ意味のあることなんでしょうか?

 

また、普通に履歴書を書いてもらったとして、どこの学校を出たか、といった情報がどれだけ必要ですか?
中国やタイの高校の名前を書かれて、そこから何か分かるのでしょうか。
志望動機や、趣味・特技とか知りたいですか?

 

これから働いてもらうなら、職種にもよりますが、日本語をどれだけ話せるのかが、よほど大切です。
仕事をしたい熱意とか、人間性はどうかとか、履歴書に書かれない内容の方が採用の決め手になります。

 

国によっては「年齢」とか「家族構成」といった内容を企業側が聞くのはNGだったりします。
それを履歴書に書かせようとしている日本は、下手をすると差別的と受け取られてもおかしくありません。

 


・志望者に手間を掛けさせるな

会社側も忙しいかも知れませんが、志望者側も忙しいです。
もっと言ってしまえば、これから働こうとする人は、余計な事にお金は使いたくない。

 

なんでイチイチ写真を履歴書に貼る必要があるのでしょう?
顔写真がほしいだけならスマホで撮ればいいだけです。
証明写真もタダではありません。
履歴書の作成に時間も掛かります。

 

そういった面倒を志望者側に掛けさせる意味が分かりません。
アルバイトに何を求めているのでしょうか。

 


・履歴書の内容はただの情報

私の会社でも、「履歴書不要」を反対する人がいます。

 

「働く人の学歴が見たい」
「書くのは当たり前だから」
「丁寧に書かれているかで人柄が分かる」
などなど。

 

人手不足の世の中です。なかなか人が採用できない時なのに、まだこんな事を言っている。
今までのルールを守ることがそんなに大切でしょうか。

 

人員が不足して、アルバイトの応募が少ない状況ならば、『少しでも応募のハードルを下げて申し込みを増やす』という事の方が遙かに大切です。

 

本来、履歴書に書かれた内容はデータに過ぎず、合否を判定する方法の一手段に過ぎないはずです。
それが、履歴書を書いてもらう事が目的になっている。

 

愚かな人がやりがちな、『手段』と『目的』を見失っているパターンです。

 


・働く側が会社を選べば良い

アルバイトで履歴書がどうとか言っている会社は、働く側がNGを突きつければ良いと思います。
その会社で働く人の頭が固いかどうかが分かって、応募者側にとっては良いかも知れません。

 

「履歴書が必要とか言っている会社は地雷だ」
なんて思われているのでしょうか。

 

会社の側が労働者を「こいつは良い」「こいつはダメ」などと選別するなら、
労働者もまた「この会社はダメ」「この会社は良い」と選別するのです。