ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

面接する側がすごく偉そうな時点で、そこはダメな会社

こんばんは、ひなせです。

年度が変わり、新しい生活が始まった人も多いのではないでしょうか。

 

私は事業部の責任者として、社員の採用面接にも立ち会う事がある立場ですし、
店舗のアルバイトの面接の様子を見ることもあります。

 

そういった場で感じるのが、面接の手法が古くさい、という事です。

面接する側が考え方を変えていかないと、この先ヤバイのではないか、という話です。

 

f:id:hinasetan:20190720192107p:plain



・面接する側が、相手を緊張させたら失敗だと思う

 

面接する側。なんで偉そうなんでしょうか?

 

これが本当に不思議です。
別に会社側が頭を下げて・・・・・・などと言うつもりはありません。

 

面接の目的って、一緒に働く仲間を見つける作業だと思うんですよ。

 

それが、まるで物を選別するかのような偉そうな態度とか、
金で人を買う奴隷商人のような姿勢で面接をしている人がいる。

 

もう、そんな事をやっている場合じゃないでしょう。いつの時代で時間が止まっているのか。


若者が働きたい会社はどんなところか。
少なくとも言えるのは、旧態依然とした価値観の会社では無いはずです。

 

会社側からしても、その人の能力をしっかり見極めたいのなら、
むしろ緊張をほぐして、自然体でいてもらった方が良い。
良い部分をアピールできる機会を与えればいい。

 

圧迫面接なんて論外です。
そもそも、相手が能力を発揮しにくい状況にして、
ミスをしたらそいつはダメだ、と判断する意味がどこにあるのでしょう。

 

これからの会社の面接は、相手の良いところを引き出すようにする。
そうしないと、本当は能力がある人を見極める事が出来ません。
その人の長所によって、採否を判断するのが正しいでしょう。

 


・むしろ、面接では会社側を知ってもらうようにする

 

面接官が一方的に質問攻めにして、面接終了。
質問内容のパターンが用紙に書かれていて、機械的に聞いていくだけ。
答える方もテンプレ的な、お約束の内容で答える。


こんな面接に意味がありますか?
それならアンケート用紙にでも書いてもらえよ、と言いたくなります。

 

面接を受ける側に質問をして、相手の事をよく知りたい、という気持ちは分かります。
ただ、受ける側も、会社の事をもっと知りたいはずです。

 

出来れば、オープンになっている数字や、会社情報などでは無く、
外からでは分からない、実際に働いている人の話とか。


せっかくの会話の機会なのに、気持ちのこもっていない言葉のやりとりをしているのは意味がありません。

 

もっと自由に、聞きにくいことも聞く機会、という方向性であるべきです。
一緒に働きたいと思ってもらえるように、企業の側が心掛けるくらいの意識でちょうどいい。

 

「面接」と呼ぶ名称自体が、上下関係というか、対等で無い立場の関係を表しているようで、ふさわしくないですね。
本来なら、労働者側が労働力を提供するという「契約」とか「商談」のはずなので、対等であるべき。
出来ればお互いのマッチングを判断したいので「お見合い」と考えるなら、これも対等なはず。

英語だと面接ってインタビュー(interview)ですよ。

 
面接は、あくまでも、お互いの考えや条件を摺り合わせる「話し合い」の場であるべきです。

 


・面接は、受ける側も企業を選んでいるという考え方

 

面接の場合、企業側が採用する相手を選ぶものと思われがちですが、
面接を受ける側も、会社を選んでいる、という事実を忘れてはいけません。

 

採用の応募があったのなら、選んでもらえた事に感謝する。
ただ、バブルの時代のように、売り手市場だから企業側は下手に出ろ、という意味ではありません。

 

企業側も必要な人材を選ぶのだから、採用できない人も出てくる。
そういった人も企業にとってはお客様である、という気持ちが大切。

 

今の時代、会社に属する側が偉くて、労働者側が「働かせてもらうもの」なんて考えでいたら、問題でしょう。


でも、まだまだそう考える企業は多いです。
そりゃあ、ブラック企業も無くならないわけです。

 

優秀な人材は日本企業に就職しなくなりますね。

 


・面接が面白い会社が良い会社

 

本当なら、自分が望む会社で働けるのは嬉しいことです。
でも、「面接に行くのが楽しみ」と思ってもらえるような企業って、どれだけあるのでしょう。

 

そこまでいかないとしても、せめて「面接で話せて良かった」くらいのレベルは目指したいものです。

 

働く人に選んでもらえる企業になる。


人手不足で苦しむ多くの企業が目指すべきなのは、まずはこれではないでしょうか。

 

偉そうにしている余裕はもうないです。

 

面接する側が偉そうにしている時点で、そんな会社を誰が選んでくれるでしょう?

 

 

 

hinasetan.hatenablog.com