ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

もうすぐ財布は無くなるのか

こんばんは、ひなせです。

最近、現金を使う機会が減っていると感じます。

ずいぶん便利な世の中になりました。

 

でもちょっと待てよ。

現金を持たなくなるって事は、つまり。

 

このまま行くと、財布って、無くなるのでしょうか?

 


●キャッシュレス化が進み、財布が必要なくなる

 

f:id:hinasetan:20190825182745p:plain

「paypay」「LINE Pay」「楽天ペイ」のような電子決済サービスが広まっています。


銀行の電子決済も本格的に始動するようですし、キャッシュレス化に向けて世の中が加速しています。

 

普段の買い物なら電子決済やクレジットカードでほとんど済んでしまいます。
ほんと、ここまでくるのは速かったですね。

 

もう、財布より、圧倒的にスマホの方が重要です。

 

人によっては、財布を家に忘れて出掛けても、「ま、いっか」で済ませるけど、
スマホを忘れたら何も出来ない。慌てて取りに帰る。なんて経験もあるんじゃないでしょうか。

 

財布、いらないですね。

 


●カードレス化で、財布が必要なくなる

 

クレジットカードや会員証の類いなども無くなるでしょう。

 

ちょっと不便だと感じるのが、ポイントカード。
どの店でどのカードを使うのか、分からなくなって面倒に感じます。
「ポンタカードってどのコンビニで使えるんだっけ?」とか。
電子決済できるのに、ポイントが付くカードが別にあったりで、面倒くさい。

 

財布がカード入れのような扱いになっています。
こういったカード類もそのうち無くなってくるのでしょう。

 

未だになぜか存在するのが、紙のクーポン券とか。
やめてくれ。50円の割引のためにこのクーポンを持ち歩けと言うのか。

 

あと、紙のレシートも必要ない。
会計が自動的に記録されて、過去のログを調べられるようにすれば全て解決でしょう。


紙という資源を無駄にするし、お店側からしてもレジにプラスしてレシートプリンターが必要になる。
機械+消耗品のレシート代。これが地味に痛い出費になる。やめましょうレシート。

 

あと、「手書きの領収書が欲しい」とか言う会社は滅びろ。

すみません、話がズレました。

 

とにかく、財布、いらないですね。

 


●ファッション的にも、財布は邪魔

 

あと、意外と財布って邪魔ですよね。

 

私は二つ折りの財布を使っているのですが、パンツの後ろポケットに入れると、膨らんでいるのが気になる。
座るときに邪魔になったりするし。

常にバッグを持ち歩いてその中に入れておくのも、男だと面倒です。

 

スーツの場合はジャケットに長財布が基本と言われても、
財布を使い分ける気にもならないし。

 

財布がイヤで、マネークリップとかで済ませる人もいますよね。

 

あと、家の鍵や車のキーも邪魔。
これらも財布と一緒に無くならないかなー、なんて思います。

 

やっぱり、財布、いらないですね。

 


●財布はブランドかチープかの二極化になる?

 

財布は腕時計と同じように、ブランド品しか生き残らなくなるのでしょうか。
それとも、チープな物とブランドの二極化でしょうか。

 

革製の財布を持つのがステータス、とかにならないと、ブランド品を売るのも難しいでしょう。

高級腕時計の場合は、ファッションや資産として持つという意味もありますので、その方向でしょうか。
シンプルな小銭入れの方がむしろ生き残るかも。

 

腕時計はスポーツ用やウェアラブル端末として、別の用途で生き残れますが、
財布はどうなんでしょう? 別の使い道、あるかな?

 

スマホが財布に取って代わるのは既定路線ですね。
財布は必需品では無く、ファッションアイテムの一つ、くらいのポジションになるのでしょうか。

 

今後は財布を作る人、売る人も考えていかないといけないですね。

 

もう、財布、いらないですね。

 


●財布を持たないことがスマートな時代

 

現金を持っているのは、お年寄りか子供だけ、なんて世の中になるかも。

 

子供の場合は「お金の使い方」を教えるために、現金の方が分かりやすいし、親が管理しやすいといった理由で。


お年寄りの場合は、スマホが使いこなせないとか、今までの物を使い続ける・今までのやり方を続ける、といった感じで。

 

「パンパンに膨らんだ財布」なんて表現もなくなるのでしょう。そんな事をしていたら時代遅れです。

 

財布を持っている人=変化に対応できていない人、のように思われる時代が来るのかもしれないですね。