ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

一時所有の意識があれば、買い物を恐れずに済む

こんばんは、ひなせです。

 

そこそこ高い金額の物を買う時って、ちょっとドキドキしますよね。
買い物で失敗したくないし、お金を損したくない。

 

入念に調べてから買っても、思わぬところに不満が出たり、買った後に、より良い商品が発売される、なんてことも。
あれこれと悩んでいる内に、買うタイミングを逃してしまう場合もありますね。

 

でも、そんなに買い物を恐れる必要は無いと気付きました。

f:id:hinasetan:20190618010233p:plain

ヤフオクやメルカリをうまく利用すれば、ほとんど損はしません。


商品によっては、レンタルする位の気軽さで買い物が出来てしまいます。
キーワードは「一時所有」です。

 


●商品の相場はネットで簡単に調べられるから、「一時所有」が成り立つ

 

ネットでの検索が便利な世の中になりました。
新品や中古の価格はネットで簡単に調べられます。

 

googleでも商品名で検索すればおおよその価格が分かりますし、
googleショッピングの機能を使っても良いでしょう。

 

価格ドットコムなら、最安値や売れている商品が簡単に分かります。

 

ヤフオクの機能を使って落札の相場を調べられますし、
オークファンを利用すれば、より細かい情報まで検索できます。

 

ヤフオクでもメルカリでも、出品商品の価格を見れば、おおよその目安にはなります。

 

つまり、商品の相場を簡単に確認出来るので、万が一その商品が気に入らなくて、ヤフオクやメルカリで売るとしても、あらかじめリスクを計算できるわけです。

 

新品で1万円する物で、中古だと7000円だとすれば、差額は3000円。
1万円の購入リスクがあるのではなく、リスクは3000円です。

 

さらに、中古の商品をヤフオクやメルカリで買って、すぐ売るとすれば、ほとんど差額がありません。


それこそ、レンタルする位の価格で「一時所有」ができてしまいます。

 


●家電や本やパッケージメディアも「一時所有」の意識で

 

相場が激しく下降している商品でなければ、中古で買って一時所有してすぐ売れば、掛かる費用はヤフオクやメルカリの手数料くらいです。

 

CD・DVD・ブルーレイ・ゲームソフトといったパッケージメディアも、意外とまだ売れています。
これらは相場の下降が早い場合もあるので新品の購入には注意が必要ですが、相場が安定している中古品なら、リスク無く購入・販売ができます。

 

もちろん、商品を気に入ったのなら、手放さずにずっと使えばいいのです。
その場合、使えば使うほど、長く持てば長く持つほど得になります。

 

1万円で購入した家電を10回しか使用しないとすると、1回当たりの使用料は1000円。
しかし、それを1000回使用すると、1回当たりの使用料はたったの10円。ほとんど無料のようなものです。

 

この計算はあくまでも「1万円で購入して、その後の価値が0円になる」前提での計算ですので、「一時所有」して手放すタイミングによって、数字は変わってきます。

 

買ったけど気に入らなくて、すぐ売る。
もしくは気に入って長く使う。
どちらの場合もお得です。

 

損なのは、「使わないのに持っておく」場合ですね。
これは本当にもったいないです。

 


●買い物は言わばチャレンジ。どんどん挑戦しよう!

 

「一時所有」という意識で買い物が出来れば、損はしません。
その物を所有し続けるかどうかは、買ってから決めれば良いのです。
実際に使ってみてから決める。正しい判断だと思います。

 

ただ、この話はヤフオクやメルカリを使えるのが前提になってしまっています。

 

商品を手放す場合、リサイクルショップに売るという選択肢もありますが、
その場合はお店側が「買い取る」という形になってしまいますので、どうしても金額は安くなってしまいます。

 

また、自分でヤフオクやメルカリで売る場合にはどうしても手間が掛かってしまいます。その時間がもったいない、という場合には向かない方法になります。

 

そうだとしても、自分が直接、人に物を売る手段がある、というのは、いろいろと選択肢が広がります。
なにかのフリマアプリやオークションアプリは、使用出来るに越したことは無いです。

 

「一時所有」で買い物を恐れず、商品を買いましょう。
その意識があれば、消費が増えて景気も良くなりますよ。


ちょうどボーナス時期ですし、思い切って買い物しましょう。