ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

凍らせたペットボトルを使って除湿。やってみた。

こんばんは、ひなせです。

 

じめじめした梅雨が続いていますね。

ここのところ、毎日雨ですね。

 

少し前に、「会社の制服を部屋干ししないといけない」という内容のブログを書いたのですが、「やっぱり、除湿機を買おうかな?」と、ここ数日悩んでいました。

 

お金の掛からない除湿方法はないのか、ネットで調べて見たところ、
簡単にできる方法が見つかりました。

 

タイトルにもあるとおり、「凍らせたペットボトルを使って除湿」です。

結露を利用して、空気中の水分を集める方法です。超簡単ですね。

 


●凍らせたペットボトルで除湿。500mlのボトルでやってみた。

 

実際にやってみました。

 

f:id:hinasetan:20190720190716j:plain

 

気温や湿度にも影響されるのでしょうが、
500mlのペットボトルの氷が溶けきるまでに、
おおよそ20~30mlくらい、水が溜まりました。

 

思ったより少ないかなと思いますが、
やらなかったらこの水分が空気中に残っていたと考えると、
やらないよりはやった方が良い、と言えるでしょう。

 

 

●凍らせたペットボトルで除湿。2リットルのボトルでやってみた。

 

f:id:hinasetan:20190720190745j:plain



 

次は2リットルのボトル

 

効果を高めるため、サーキュレーターも使ってチャレンジです。
(これだとサーキュレーター分の電気代が掛かりますが・・・・・・)

 

結果としては、100~110mlの水が溜まりました。

ここまで溜まると、それなりに多く感じますね。


あと、副次的な効果として、サーキュレーターから送られてくる風が涼しいです!
部屋の温度も下がって快適です!

 

2リットルのペットボトルなら、十分効果的と言えるのではないでしょうか。

 


●除湿機には負けるけど、除湿剤よりは経済的で、効果が高い。

 

ドラッグストアなどで売っている、3個セットの除湿剤がありますよね。

 

あれは化学反応を利用して湿気を取り除くのですが、
数週間から数ヶ月で、300ml~450mlくらいの除湿能力です。

 

ペットボトルを凍らせる方法は、冷蔵庫の電気代にはそれほど影響を及ぼさないので、電気代は実質タダみたいな物でしょう。
2リットルのボトルで100mlくらい除湿出来ることを考えると、こちらの方が断然お得です。
ちょっとスペースは必要ですけどね。

 

除湿機の場合は、数百mlとかリットル単位での除湿能力がありますので、
それと比べるとペットボトルの負けですね。


除湿機は音がうるさいとか、電気代が掛かるというデメリットはあるようですが、
除湿に掛かる時間を考えると、除湿機って強力ですね。

 

凍らせたペットボトルでの除湿は、
「部屋で洗濯物を干して、早く乾かす」
といった目的には向きませんが、
「部屋の湿度が高くて不快。服とか布団とかに悪影響がないか心配」
といった場合には、一定の効果を発揮してくれそうです。

 

なぜだろう。

結露で溜まった水を捨てるのが、なぜか楽しいです。

成果が目に見えるから?

 

 

更新

しかし、その後・・・・・・。

 

hinasetan.hatenablog.com