ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

おそらく世界に唯一。夜勤があった高校の部活。

今週のお題「部活」

 

こんばんは、日生 誕(ひなせ たん)です。

はてなブログの今週のお題が「部活」だったので、高校時代の部活の思い出を書いてみます。

 

いやぁー、本当に無茶苦茶な部活でしたよ。

追い込みの時期とか、夜勤がありましたから。高校の部活なのにですよ。

おそらく世界で唯一でしょう。

 

学校が終わったら一度家に帰って、寝て、夜中の24時に登校。そのまま朝まで部活。

もちろん、学校の先生には内緒です。許されるわけありません。

運動系の部活が健全さの象徴なら、その対極に位置する部活です。

 

何をやっていたかって?

 

・・・・・・オタクな部活動です。

 

当時は今ほど社会に理解されていなかったので、ずいぶんと肩身の狭い思いをした部活です。

 

もう20年以上前の話ですよ。

 

・・・・・・。

 

・・・・・・。

 

学校の部活でアニメ作ってました!

 

f:id:hinasetan:20190923215510p:plain

 

●8mmフィルムカメラを使って高校生がアニメを作るという無謀

 

おそらく、高校でアニメを作るのって、今でも珍しいのではと思います。

 

そもそも、それなりの人物絵を描ける高校生がいない。

その絵を動かす為には、動画として絵を動かす才能が必要。

人物だけでなく、風景を描ける人も欲しい。

 

また、今ならPCのソフトを使って作画が出来るでしょうが、当時は全て手書きです。出来上がった原画をセルにトレス(上のイラストにあるように、絵の下から光を当てて、輪郭をセル画にペンで書く作業)して、彩色(トレスしたセル画の裏から色を塗る作業)までしないといけない。さらに、アニメーションとして動きのある部分は、全て別のセル画として用意する必要があります。

 

出来上がったセル画と背景を組み合わせて、やっと一つの絵が出来上がる。

それを、8mmフィルムカメラを使って撮影します。

 

当時、私達が使用していた8mmフィルムカメラの場合、1秒間が18コマでしたので、単純に言って1秒に18回の撮影が必要になります。無論、フルアニメーションばりにぐりぐり動くアニメなんて作れませんので、「2コマや3コマごとに絵を動かす」といった形になります。

 

つまり、30分のアニメを作りたい! なんて事を言い出したら、

1秒18コマ

1分1080コマ

30分32400コマ

これだけの時間(コマ数)を埋めるだけの絵を用意しないといけません。

 

そして、その分の絵を用意するという事は、その分のセル画代やフィルム代が掛かるという事になります。

 

もちろん、フィルムを現像した後に、編集して、BGM入れて、声をアテレコしてと、映像制作の手間も掛かります。

 

才能と、時間と、お金がめちゃくちゃ必要なのがアニメ制作なんです。

高校生でやるのは、かなりの無謀です。

 

そんなこんなで、どうしても文化祭という名の締め切り日に間に合わない時期に、夜中に撮影を強行するという「夜勤」が発生していました。

 

まあ、それまでずっと遊んでいたのが悪いんですが・・・・・・。

 

 

●とにかく、遊んでばかりでした

 

基本的にオタクの集まりなんで、アニメ制作していない時期はアニメやマンガやゲームの話ばかりしていました。

 

ナディアはすげーよ、スト2大会やろーぜー! よし、銀英伝見るか、テッカマンブレードの脚本スゴクね? ドラクエ5とFF5どっち派? アフタヌーンの寄生獣と岸和田博士は面白い、ジャイアントロボのOVA見たい、「DAICON 4」いいよね、GOLDEN LUCKYはヤバイ、0083てどうなの? らんまのアニメはバカにできんぞ、やっぱ庵野秀明だよ、オレ意外とアシベ好き、なんだかんだ言ってAKIRAだよ、幽遊白書って女に人気あるの? などなど。

 

部室にテレビとビデオデッキがあったので、アニメや映画のビデオを鑑賞したり、マンガを持ち込んで読んでたり、ホント、自由にやってました。

 

でね、なんの準備も出来てないまま、文化祭が近付いてくるわけですよ。

 

毎年の文化祭で、「その年の新作オリジナル作品を上映するのがこの部の存続理由」みたいなところがありますから。文化祭まであと2ヶ月といった時期になってから、やっとみんな必死になります。まぁ、自業自得ですね。

 

結果として、追い詰められた状態で作品を制作することになります。

 

問題点が噴出します。人間的な問題点が。

 

 

●アニメ制作は、人間性が表れる

 

結論を言いますと、あれだけ仲良くオタクトークを繰り広げていた人達でも、人間関係が壊れます。

 

「一つの作品を、皆で協力して作り上げる」と言えば、聞こえは良いですが、アニメ制作は「時間」「お金」「才能」「人間性」の問題が、モロに形となって表れます。特にこれらの内容の、センス・考え方といった部分に、相容れないモノが表面化します。

 

言ってしまえば、アニメが「仕事」になってしまって、楽しめなくなるんですね。

 

制作するまではただのオタクとして、勝手な事を言っていれば良かったのですが、いざ自分が作る側になると、全然思うように出来ない。

 

その中で、単純に絵が上手い・下手といった能力の差や、仕事として捉えた場合の考え方の違いが出てきてしまう。

 

「部活なんだから、下手な人でも描くことに意味がある」

という考えの人もいれば、

「もう時間が無いのだから、完成させるのが最優先。上手く早い人が書くべき」

といった考えの人もいる。

 

当時の私達は未熟で、「どうしても譲れない部分がある」「こんな考え方のヤツとは一緒に制作できない」と思ってしまった結果、部はバラバラになってしまいました。その後、全く会わなくなった友人も居ます。

 

そして、カメラの故障などの不運も重なり、結果として作品はその年には完成しませんでした。

 

 

●おっさんになっても、アニメは好きですよ

 

まあ、ちょっとだけ苦い思い出になっていますが、アニメは今も好きです。

今期は「ダンベル何キロ持てる?」を見てました。

 

このブログをきっかけに、当時の仲間と会ってみるのも良いかもしれません。

 

YouTubeに昔の作品をアップするのも面白いかな?

誰が見るんだ? 身内しか見ねーよ!

 

いろいろあった部活動ですが、それでもやっぱり、部活=青春なのは、間違いないですね。