ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

忘年会。上司も嫌々やっているのなら、やめるか改善するかでしょう。

こんばんは、日生 誕(ひなせ たん)です。

 

会社の忘年会が終わりました。

いやー、つまらなかったです。

 

f:id:hinasetan:20191220193433p:plain

忘年会だ! 飲み会だ!

 

お酒を飲むのは大好きなんですよ。

 

でもそれは、「仲の良い人と」「素敵なお店で」「好きなお酒を」「美味しい料理と」「楽しい会話と共に」「飲む」から好きなのであって。

 

「大して仲の良くない会社の人達と」「会社の付き合いのある店で」「選択肢のないお酒を」「高いけど美味しくない料理と」「内輪ネタで無理矢理盛り上げてる会話と共に」「飲む」って、何が楽しいのか。

 

もうやめようよ! 若い人達に受け入れられないって! 

会社の忘年会って、おっさんとおばさんで惰性で続けてるだけだって! 

もうそんな時代じゃないって!

 

 

●「上司も嫌々やっている」ならやめろ!

 

ホント、誰がやりたがってるんでしょう?

 

「上司も嫌々やっている」なんて話もありますが、社長がやりたがっているから嫌とは言えず、一蓮托生で皆が忘年会に参加、という形でしょうか。

 

うちの会社もそんな感じか。

そんな事を言っている自分も、「忘年会やめましょう」と言えてないわけで。

 

忘年会が「会社行事」という扱いで、「やらなければいけないもの」扱いになっている気がする。

 

ただ、「若い人は参加したがらない」なんて意見を社長の周りの人達が報告するはずもなく、社長はみんなが喜んで参加していると思っているのかも。

 

 

●続けるのなら、「楽しい忘年会」を演出しないと

 

会社でのお酒の席って、偉い人を持てなす場になりがちだけど、続けていこうとするなら、「参加者全員が楽しい」を目指すべきでしょう。それなら「上司も嫌々」にはならないはず。

 

もちろん、「全員が」なんて難しいので、だからこそ、「参加」「不参加」は自由であるべきなんですよ。

 

「飲み会」とか「忘年会」が好きでは無い人達にとっては、「お酒を飲む場」という環境や雰囲気自体がダメって人もいるはずなんで、「同じ環境に置かれて馴染めないヤツはダメ」みたいな価値観をまずは無くさないと。

 

その上で、「忘年会ってすごく楽しい。参加して良かった」と評価してもらえる演出をして、若い人達に「自分も参加したい」と思ってもらえるようにしないと。あくまでも続けるのなら、ですけど。

 

 

●若手に芸をやらせるな。楽しんでもらえ。

 

若手に芸をやらせるって、罰ゲームとかいじめみたいですよね。

 

それを見て楽しめる精神性を持っている人達は良いんでしょうが、自分はこれを見ているだけでも苦痛です。無理矢理やらせている感じがあると、ほんとダメです。

 

お酒の席で芸を見たい、という感覚は分かります。

ただし、自分が見たいのは「プロ」の芸です。

 

自分の芸を見てもらいたいと思って仕事にしている人達です。嫌々やらされている訳ではありません。もちろん、芸が一定の水準以上に達しているからこその「プロ」なわけです。

 

そういったプロの人達の芸は、お笑いでも、大道芸でも、楽器の演奏でも、歌でも、お酒の場では大いに盛り上がります。

 

この方が、よっぽど楽しい時間、素敵な時間を過ごせますよ。

 

 

●仕事で改善というなら、忘年会も改善しよう!

 

昔からの付き合いとか、惰性でやっているような忘年会はやめるべきですね。

せめて皆が楽しめる形にしないと。

 

参加・不参加自由。強制は無し。

「素敵なお店で」「好きなお酒を」「美味しい料理と」「楽しい会話と共に」「プロの芸を見て」「飲む」。

そうしたら、会社の人達同士で、もっと仲良くなれるんじゃないでしょうか。

 

もし、これができないなら、忘年会なんてやめるべきです。

忘年会も改善できない会社なら、そこで働く人達は、仕事で改善もできないでしょう。

 

 

そうそう。明日は友人達との忘年会です。こちらはほんと、楽しみです。

 

 ※こちらは過去記事

hinasetan.hatenablog.com