ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

ダイエットするなら、一回の食事の脂質を10g以下にすればいいよ

こんばんは、日生 誕(ひなせ たん)です。

 

今日はダイエットのお話です。

 

私が勤める職場は女性の割合が多く、よく「ダイエット」が話題になります。

「目標、1ヶ月で5kg痩せる」

「やっぱりリンゴはダイエットにいいらしい」

「食べた物を毎回アプリで記録してる」

「運動しないと痩せない。ジョギングして痩せないと」

「アイスは冷たいからゼロkcal」

などなど。

 

ダイエットの情報を持ち寄って、みんなで休憩時間に話し合っているのですが、その内容を聞かせてもらって気付いたことがあります。

 

大前提として、生物は摂取カロリーを消費カロリーより減らせば痩せるのですが、

「わたし、全然食べないのに痩せないの~」

と言っている人に限って、あま~いスタバのコーヒーを飲んだり、食事の後にデザートとか、休憩時間におやつとかも食べてる。

 

単純に、摂取カロリーが多いから痩せないわけです。

 

では、摂取カロリーを抑える簡単な方法は何か。

 

それがタイトルにあるとおり、一回の食事で摂取する脂質を、10g以下に抑える、という方法です。

 

f:id:hinasetan:20200125231628p:plain

食事の脂質を10g以下にする・・・・・・

 

●継続できない面倒なダイエットは絶対に失敗する

 

もちろん、細かいことを言えば、総摂取カロリーを計算するとか、運動をするとか、PFCバランスが~とか、いろいろあります。

さらに言ってしまえば、そもそもダイエットとは・・・・・・という話になります。

 

そういった細かい話は抜きにして、まず意識を向けるのはどこか。

 

カロリーではなく、脂質に注目して下さい。

注目して欲しいからこその、「一回の食事の脂質を10g以下」というルールです。これを守れば、自然と総摂取カロリーも抑えられます。

 

むずかしい話は無し。

とにかく口に入れる脂質を少なくしましょう。

 

 

●コンビニ弁当とファーストフードは利用できません

 

ダイエットの際、恐らく全ての人が体脂肪を落としたいと考えているはずです。それなのに脂肪を取り込む生活を続けていては、痩せるはずがありません。

 

まず、体に入ってくる分の脂肪を抑えましょう。

 

「一回の食事の脂質を10g以下」にしようとした場合、商品の成分表示の確認が必要になります。

 

では、ファーストフードの代表格、マクドナルドのメニューで脂質を10g以内に抑えようとした場合、どういった食事が出来るでしょうか。

 

www.mcdonalds.co.jp

 

 

たくさんのメインメニューの中から、脂質10g以下のものを抜き出してみましょう。

 

・ハンバーガー 脂質 9.4g

・ホットケーキ 脂質 8.6g

 

・・・・・・。

 

・・・・・・たったこれだけ。

 

食べていいのは、この二つだけ!

1回の食事でこれだけです! 脂肪分を含んだ飲み物は当然いっしょに飲めません!

 

マクドナルドだけではありません。

コンビニの弁当や菓子パンもほとんどの商品がNGです。

揚げ物類の総菜もNG。

脂の乗ったお肉もNG。

スナック菓子やアイスクリームもNGです。

 

世の中のほとんどのメニューは、油だらけなんです!

 

 

●ダイエットするなら、まずは食生活を見直す

 

始めの一歩です。

ダイエットのスタートとして、食生活を見直すのは絶対条件です。

 

いかに油まみれの食品を食べていたか。

それに気付いてもらうための「一回の食事の脂質を10g以下」というルールです。

 

 

ただ、このルールを守ろうとすると、

『スーパーとかコンビニで、商品の成分表示をのぞき込む不思議な人』

になってしまうのがネックです。