ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

オートバックスの事故修理の対応が最悪でした

こんばんは、日生 誕(ひなせ たん)です。

 

ちょっと前の話なんですが、車で事故ってしまいました。

 

事故と言っても、駐車場でバックの最中に建物にぶつけてしまった形ですので、私自身に怪我は無く、車も大きなダメージはありません。

それでも念のために警察と保険会社に連絡し、修理のためにオートバックスに車を持っていきました。

 

そこでの対応が、かなりひどいものでした。


自分としてはありえないレベルと思えるのですが、もしかして日本中、こんな感じなんでしょうか。

 

f:id:hinasetan:20200202233052p:plain

カー用品店


●事故修理の見積もりで、二度もオートバックスに車を持っていく

 

事故を起こした当日に、オートバックスに車を持っていきました。


私としては、保険対応が必要なほどの金額にはならないだろうと踏んでいましたので、
「事故修理の見積もりをお願いします。少額の場合は保険は使わないです」
と、お店の人に伝えました。

 

車を修理用のガレージまで持っていくと、若いお兄さんが車を見てくれました。
その人の話では「ちゃんと修理しようとすると10万前後くらい掛かるかも」という話でした。自分が考えていたよりパーツへのダメージがあるようなので、念のために見てもらって正解だったな、とその時は思いました。

 

その日は簡単な応急処置を無料でしてもらえたので、大変ありがたかったです。
「後日、見積もりの結果を連絡します」と言われ、自分の車に乗って帰りました。

 

そして次の日。
保険会社にはオートバックスに持っていった事を報告し、現在、見積もりを取ってもらっている旨を伝えました。
保険会社の担当も、お店に連絡を入れてみるとの話でした。

 

しばらくして、オートバックスから電話が。


担当H「お世話になります。今回の件で担当させて頂きますHと申します」
私「よろしくお願いします」
担当H「すみません、それでですね、見積もりのために車を持ってきてもらいたいんですが~」
私「え? 昨日見てもらいましたよ?」
担当H「すみません、しっかり見させてもらいたいので~」
私「それっておかしくないですか? 昨日見てもらったのはなんだったの? おかしいでしょう」

担当H「すみません~」

私「それじゃあ、今日持っていけば、今日中に見てもらえるの?」
担当H「すみません~、二日くらいかかります~」
私「なにそれ。預けなきゃいけないの? その間も車を使いたいけど、どうすればいいの?」
担当H「代車を用意しますので~」

 

保険会社にも連絡した身としては、事故の見積もりが終わらないことには話が前に進みません。その日、車を持っていくことにしました。

この時に、担当Hと初めて顔を合わせました。30歳くらいの男性です。
用意されていた代車は軽自動車でした。
3ナンバーの車の代車に軽自動車とはどうなの? とも思いましたが、まあ、代車を用意してくれただけでも申し訳なかったという気持ちが感じられるので良しとしましょう。当然と言えば当然ですが。

 

ただ、事故修理の見積もりのために2回もお店に車を持っていくのは、ありえません。

 


●オートバックスの担当から言われた金額が、あまりにも非現実的

 

それで、車を再度持っていった際に、担当Hに昨日も車を見てもらっていることを伝えました。
つまり、この時点でクレームを伝えています

普通の感覚なら、このお客様には迷惑をお掛けしたので、今後の対応には注意しよう、くらい考えるはずです。


担当Hから理由というか、言い訳を聞かされました。
詳細は分かりませんが、保険対応の為に必要なチェックが出来ていなかったようです。

 

私「それで、実際の所、どれ位の修理費が掛かりそうなんですか?」

 

担当H「そうですねぇ、だいたい30万円くらいかかりそうです」

 

私「30万!」

 

ハッキリ言って、そんな馬鹿なという金額です。
思いっきり凹んでいるとか、かなり広い面積を擦ったとかならまだ分かりますが、バックで低速でぶつけただけです。

 

私「そんな金額になるとは思えない」


担当H「いえ~、それくらいかかっちゃいますね~」

 

おかしい。そんなはずはない。

かなり疑わしく感じたので、強めに言っておくことにしました。


私「現時点では保険対応するとも決まってないし、そもそもこの店で修理するとも決めていない。正式な見積もりが出たとしても相見積もりを取って、他の店でやってもらう判断をするかもしれないですよ」


担当H「構わないですよ~」

 

 

それで、後日出てきた見積もりが、

 

①パーツ交換と傷の簡易的な修復で5万
②しっかりと修復するパターンで12万

 

担当者より、初日に車を見てくれた現場の若いお兄さんの方が、見積もりとしては実際の金額に近かったです。

 

それにしても、5~12万の修理の見積もりに対して、30万というのはなぜなんでしょうか?
2.5倍から6倍の金額って、ありえますか。
超ぼったくりな金額です。

 

もしかしてですが、
担当H「30万円くらいかかりそうです」
私「あ~、そうなんですか~」
という反応をしていたら、30万の見積もりを提示してきたのではと疑ってしまいます。

 

もしくは、
「保険対応になったら本人が金を払うわけじゃ無いから、保険会社から多く取れるように、高めの金額を伝えとけ」
という判断で、あえて高い金額を伝えてきたのではないでしょうか。

 

どちらにしても、私がうるさく言ったので、これらの手は使えないと判断し、現実的な見積もりに下方修正した可能性があります。

 

見積もりで、実際の金額からかけ離れた額を口にするのは不誠実です。
むしろ、いらぬ誤解を生まぬよう、適当なことは口にするなと教育されていないのでしょうか。

 


●オートバックスの修理の時間があまりに遅い


いろいろとありましたが、見積もり自体はおかしくは無いだろうと判断し、オートバックスで修理してもらう事に決めました。

 

金額は安い方の簡単な修理で5万。保険対応も無し。

 

二度あることは三度ある、という言葉も頭をよぎりましたが、担当に電話し、修理の日時を決めてもらいました。


その電話では、朝イチの10時に持ってきて頂ければ、3時間ほどで修理が終わるとか。

 

3時間なら、車を預けて、近くで買い物をして、昼食を済ませればいい時間です。
それなら代車もいらないですし、まあいいでしょう。

 

で、当日車を持っていったところ、


担当H「修理に4~5時間くらいかかりますね~」

 

私(電話で言っていた時間と違うじゃねーか!)
と思いましたが、これ位で怒っていてはオートバックスに車は預けられません。

 

私「分かった。じゃあちょっと出てくるけど、2時から3時位に戻ってくればいいのね」

担当H「はい~、終わったら電話しますよ」

 

で、3時に戻ってくると、修理がまだ終わっていない。

 

私「え、なんで終わってないの? 3時までって言ってたよね?」
担当H「すみません、終わるのが遅くなりそうだったので、2時半には電話したんですけどね~」

 

その電話には出れなかったのですが、私はすっかり「終わった連絡」の電話と思っていました。
と言いますか、2時から3時位に戻ると伝えているのに、2時半に電話は遅すぎるでしょう。2時に戻ったらどうするの?

 

私「それじゃあ、何時までなら終わるの?」
担当H「ちょっと分からないですね~」
私「いや、おかしいでしょう! 最初に聞いていた時間と全然違うし」


担当H「え、なにか予定があるんですか?」


私「そういう問題じゃ無いだろう!」

 

会話になってない。話をしていて、頭が痛くなります。


で結局、修理が終わったのは夕方5時でした。

3時間と聞いていた修理に、7時間掛かっています。

 

最初から時間が長くかかると教えてくれていれば、いくらでも時間を使う方法はあったのに。
オートバックスは、時間の見積もりまでいい加減です。

 


●ちゃんと対応してくれる個人のお店が勝つ時代

 

そもそも、私も甘かったです。

 

『おかしいと感じたお店は二度と利用しない』
それくらいの感覚で良かったはずです。

 

周りの人に相談すると、
「オートバックスよりイエローハットの方が良い」
「長く付き合いのある自動車工場に任せている」
「評価の高い、個人のお店の方が安心」
という意見がありました。

 

大手のはずの店のレベルがここまで低下しているとは思ってもみませんでした。
これなら小さいお店の方が、よほどしっかりしています。

 

今回のオートバックスの例は、大きなクレームでも3つ、受け答えの不味さまで含めると、もっと多くの問題があります。

 

ここまでくると笑えますね。

 

f:id:hinasetan:20200202232511j:plain

メリークリスマス! オートバックス!


修理の日が、クリスマスなんですけど!

 

予定が無くて悪かったな!