ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

形式名詞はひらがなで書くのが正しい

こんばんは、日生 誕(ひなせ たん)です。

ブログを書くようになってから、文章について勉強中です。

基礎の基礎から学ぼうと、文章作成の本やら受験の参考書などを利用しています。

学生時代は完全に理数系の頭だったので、正直言って国語は苦手です。文法とか、ほとんど理解できていません。漢字も苦手。

それで最近になって知ったのですが、『漢字ではなく、ひらがなで書くべき文字』というものがあるそうなんです。

え、文章って、出来るだけ漢字で書いたほうがいいんじゃないの?

 

f:id:hinasetan:20200910204102p:plain

●形式名詞はひらがなで書く

形式名詞はひらがなで書くのが正しいそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

形式名詞って、なんですか?

形式上の名詞? ???

 

「こと」「もの」のように、本来の意味が薄れて、常に連体修飾語が上について用いられる名詞(修飾語を伴って意味をなす名詞)を「形式名詞」という。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

うーんと、「連体修飾語」ってなんだっけ?

言葉の意味について調べたら、またよく分からない単語に出くわす。

こっちはそんなレベルですよ。

で、連体修飾語を調べます。

 

「連体修飾語」・・・・・・物の名前や事柄を表す言葉(体言)を含む文節を修飾する文節。
「連用修飾語」・・・・・・動作や状態を表す言葉(用言)を含む文節を修飾する文節。

 

えーっと、体言ってなんだっけ? 名詞のことだっけ?

 

「体言」・・・・・・主語になることが出来る単語。名詞がそれにあたる。
体言は「は」や「が」が付いて、文中で主語になる。

 

以上を踏まえて、連体修飾語の例が以下の通りとなります。

 

(例)美しい 花が 咲く。連体修飾語(体言を修飾している)
(例)花が 美しく 咲く。連用修飾語

 

名詞を詳しく説明しているのが「連体修飾語」なので、文字が組み合わさって本来の意味が薄れてしまった名詞は、ひらがなで書く、といった決まりのようです。


●ひらがなで書くべき形式名詞の具体例


○楽しいこと  ×楽しい事

○今のうち  ×今の内

○人のため  ×人の為

○やったはず  ×やった筈

 

ギャー、「事」とか「為」とか漢字で書いてたー!

この「ほか」にも、

 

ところ  ×所

とおり  ×通り

ほう   ×方

 

これら意外にもたくさんあります。



恐ろしい。今までどれだけ漢字で書いていたか分からない。私が書いてきたブログの過去記事でも、かなりの量になりますよ。
ブログのリライトすべき? とんでもない労力が必要そう。


●ひらがなで書くべき文字があるって学校で習った?

ひらがなで書くべき文字があるって、学生時代にそんな指摘を受けた記憶が無いのですが・・・・・・。私、授業中寝てた?

いま書いていても、「事」って書きそう。

読書感想文とかでも「事」とか「為」って絶対書いていた「はず」なんですけど。

先生から注意されてないですよ。それとも憶えていないだけ?

 

hinasetan.com

 

うわーん、なんかもう、わけがわからなーい!

 

●PCとかスマホの変換機能に頼るとヤバイ

 文章作成をPCやスマホでやっていると、漢字への変換が楽ですよね。

手書きだったら絶対に書けない漢字でも、変換候補に表示されるからどんどん使っちゃう。

「有り難う」とか「宜しく」とかも、気付いたら漢字で書いちゃったり。

 

今回の記事で紹介した場合以外にも、「文章中の漢字とひらがなのバランス」「意味の伝わりやすさ」なども意識する必要があるようです。

細かい点に気を配るのが文章術なんですね。今後は無闇に漢字に変換するのは避けなければならないですね。

 

とにもかくにも、一から勉強し直しじゃーい!