ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

ブログの毎日更新は、文章力アップのためには意味がある!

どうも、日生 誕(ひなせ たん)です。

ブログ更新について検索すると、毎日更新したほうが良いという意見と、もう毎日更新しても意味が無いよ、という意見が見つかります。

私は毎日更新なんて絶対無理だと考えて、最初から狙っていなかったのですが、文章を書くといった点を主体に考えると、やるべきなのではないかと思うようになりました。

確かに、GoogleのSEO(検索エンジン最適化)としては意味が薄れたようです。
ただ、文章力を身につけるためには意味があります。

いえ、意味があるようにするのです!

f:id:hinasetan:20201010220406j:plain


●最初は自己満足で良い!

ブログを書き始めた頃って、何を書けば良いのか決まらなかったり、書きたい内容があっても上手く文章が出てこない、なんてことがあります。

特に、最初からノウハウを集めてしまって頭でっかちになっていると、
「こういった書き方はダメ。もっと上手く書かないといけない」
そんなふうに考えてしまって、自分でブログを書く行為のハードルを上げてしまう。

そうなると、自分で書いた内容にも納得がいかなくて、良いものが書けない自分が嫌になり、書くモチベーションを失ってしまう。

まずは自己満足でいいから、書いてみる。それを続ける。

毎日更新が足枷やプレッシャーになっては意味がありませんが、
「とりあえず何か書こう」
という意識付けになるなら、毎日更新にチャレンジしても良いのではないでしょうか。

最初は自己満足でOK。
文章を書くのは人のためになるように・・・・・・といった話は忘れて。
自分のために書けばいいです。


●ブログを見てもらいやすくなる

ブログを他のブロガーや仲間に見てもらう場合、毎日更新はメリットになります。

単純に、毎日更新している人になると、見てもらいやすい。

自分がフォローする側として考えると、いつ更新されるのか分からないブログよりは、
毎日更新されると分かっているブログの方がフォローしやすいです。
更新が不定期だと、ブログが生きているのか、終わりかけなのかも分からないです。

自分が書いた記事を見てもらえると、アクセス数が増えてモチベーションが上がります。

たったそれだけだとしても、やってみる価値はあります。


●継続は力なり

ブログの毎日更新がある程度の日数を続けられた場合、それは自信になります。
達成感も味わえるでしょう。

その頃には、おそらくブログを書くのが習慣になっています。
書くのにも慣れ、記事作成のコツをつかみ、タイピングも早くなっているでしょう。
そうしたら、しめたものです。

習慣は力です。ひとつの才能です。
確実に実力が身に付いています。

f:id:hinasetan:20201010220616j:plain

●文章力を鍛える

昔から、日記を書くと文章力が鍛えられると言われています。
毎日の出来事を振り返り、文章としてアウトプットすることで、文字を書く能力が鍛えられるのでしょう。

ブログも同じことです。
毎日書けば、確実に文章力がレベルアップします。

ただ、あまりに短い文章だと文章力を伸ばす効果は期待できません。
書くスピードも、1時間に2000文字がひとつの目安のようです。

この文章を書くスピードも、実力の内。身につけた方が良い。

 

偉そうに書いてますが、自分もそんなに早く書けません! まだまだ修行中!

でも、目標にして頑張っています。


●書くという行為は自分のためでもある

今回、ブログの毎日更新についての記事を書いていて、改めて書くという行為は自分のためでもあると気付きました。

書くことで、自分の考えがまとまる、といった効果もあるようです。

昨日の記事では「文章は人のために書く」と書いたばかりで、次の日には違うことを書いているようで恐縮です。

 

hinasetan.com

 

出来上がった文章は、人に読んでもらうためのもの。
けれど、書くという行為のスタート地点は、やはり自分のためなんだと思います。

 

まあ、ブログの収益化を目指したり、文章を書いて生活しようと考えるなら、それもやっぱり自分のためなんだと思いますが。