ひなせたん 寝る前に考えた

空想・夢想・妄想が主な成分

今ひとたびの焼き芋

どうも、日生 誕(ひなせ たん)です。

 

今週のお題「いも」。

先月も焼き芋についての記事を書いたばかりなんですが、懲りずにまた焼き芋について語ってしまいます。

 

先週に行ったキャンプでも、またまた焼き芋を作りました。

もはや恒例行事です。

 

f:id:hinasetan:20201024200607j:plain

またキャンプで焼き芋

 

●前回は栄養や便秘解消効果について書きました

過去記事はこちら。

hinasetan.com

私のキャンプだと、焚き火+焼き芋のコンビネーションが定番となっています。

昼食が終わったくらいのタイミングで、アルミで巻いた芋を焚き火台の中に放り込む。

時々、薪を追加するタイミングなどで芋をひっくり返す。

おおよそ1時間位で、焼き芋の完成。

焼き上がりの際には、焼き芋の美味しそうな匂いが焚き火から漂ってきます。

午後をのんびり、コーヒーを飲みながら、焼き芋を味わう。

芋で幸せ。

いも。

うま。

 

●近くのスーパーで、200円で焼き芋が売ってる

ありがたいことに、家の近くのスーパーで焼き芋が売られています。

焼き芋機と言うんでしょうか、出来上がった焼き芋がケースに入って並べられている。

「紅はるか」とか「シルクスイート」とか「鳴門金時」といった銘柄の芋で作られているので、かなり美味しい。

しかも200円って、かなりお得。

ブランド系のサツマイモって、生のものを買ってもこれ位の値段はします。

 

焼き芋を一本食べると、かなりお腹に溜まる。200円で満腹感が味わえる。

200円で満足できる食品って、なかなか無いですよ。

しかもですよ、仕事帰りのちょっと遅めの時間、20時とかに焼き芋が売れ残っていたら! なんと50%OFF! 100円で買えてしまう!

いいの? 100円でいいの? こんな美味しいものを100円で買ってしまって!

芋は家計にも優しい。

 

●セブンイレブンでも冷凍の焼き芋が売ってる

セブンイレブンでも焼き芋が売られています。

冷凍食品なので、レンジでチンして食べるタイプ。

芋の大きさはちょっと小さいけど、コンビニで手軽に買えるのが良い。

これは、あれか。

いつなんどき、いかなる体勢からも焼き芋が食べられるようにという計らいか。

夜中に突然食べたくなってもモウマンタイ。

いきなり朝食に食べたくなってもマイペンライ。

素晴らしい。

世の中が焼き芋を食べろと言っている。

 

●焼き芋を食べるしかない

 

ちょっと落ち着け。

焼き芋って、ただのイモだぜ。焼いただけだぜ。

ちょっとばかり甘くて美味しいだけ。

栄養もあって便通も良くなってダイエットにも適している。

日本の農家さんが頑張って、甘くなるように品種改良しただけだ。

焼き芋機とか作ってスーパーで売ろうとした人がいて、冷凍食品としていつでも美味しく食べられるように開発を頑張った人がいただけ。

でも、なんで焼いただけでスイートポテトのような甘さのスイーツが出来上がるんだ。

おかしいだろ。

え? 検索して初めて知ったんだけど、スイートポテトって、日本発祥のお菓子なの!?

どんだけ甘い芋を食べるのに情熱を傾けてるんだよ。

 

しょうがない。

これだけ日本人が甘い芋を食べるのにこだわっているなら、食べるのは義務みたいなもの。

キャンプに行くたびに焼き芋を焼いているのは、日本人の宿命なんですよ。

おそらく、定期的に焼き芋が食べたくなるなるように体が出来てしまっているんです。

 

 

冷静に考えると、ブログのお題で「いも」ってなんだよ。

どんだけ「いも」が好きなんだよ。

しかもみんな「いも」について熱く語ってるよ。

 

仕方がない。おとなしく焼き芋を食べましょう。